銀行に嫌われる決算書!?

『銀行に嫌われる決算書』
…銀行が嫌うポイントを知り、改善することで資金調達力 が向上します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、ある経営者の方から「うちの決算書、やけに現金が多いんだけど・・・」という相談を受けました。実際には無い現金が行き場を失い数百万円単位で現金勘定の中に残ってしまっていました。おそらく経費計上がなされていないものがあるとか、他の勘定に行くべきものがその処理をされていないというところだと思われます。

ではこの決算書を銀行に提出したときの銀行側の反応はどうなるでしょうか。

実際上記のように決算書の読み方が分からないという経営者の方も少なくありません。決算書が読めた方が良いとは思っているが、特に経営に支障を来している訳でもないしな・・・というのが本音ではないでしょうか。

確かに、決算書には経営に役立つ情報もたくさん詰まっていますが、実際に決算書を使うのは、融資を申し込みする時が最も多いと思います。

資金調達の面から見ても、決算書が読めた方が、銀行と円滑に話ができるため有利です。しかし、今更決算書の読み方を勉強するのは・・・という経営者の方も多くいらっしゃると思いますので、最低限、自社の決算書が銀行にとって評価されるのか否かを知るポイントをお伝えします。

決算書の読み方を体系的に理解せずとも、銀行が嫌うポイントを知り、そうならないように気をつけることで、資金調達力は向上します。

■ 銀行が嫌う決算書の一例です。

・貸借対照表の現金残高が多い
⇒実際に現金が金庫に保管されているなら問題ありませんが、架空の現金残が多額にある場合は、「お金の管理がずさん」、「利益を良く見せかけているのでは?」という懸念を持たれます。

・貸借対照表の仮払金が多い
⇒「出張旅費を仮払いした。」など、使い道が明確であれば問題ありませんが、「領収証を失くした。」、「会社の経費で落とせないものを購入した。」等は、現金残と同様、「お金の管理がずさん」、「利益を良く見せかけているのでは?」という懸念を持たれます。

・貸借対照表の貸付金が多い
⇒会社のお金は事業に使うのが本筋です。金融業なら別ですが、会社のお金を事業の目的以外に使っていることになりますので銀行はネガティブです。「融資したお金が事業とは関係のないことに使われるのでは?」という懸念を持たれます。

・貸借対照表の有価証券が多い
⇒株式や仮想通貨等の運用商品です。投資業であれば問題ありませんが、貸付金と同じく、会社のお金を事業の目的以外に使っていることになりますので、「融資したお金が事業に使われず投機に回るのでは?」という懸念を持たれます。

他にも銀行が嫌うポイントはいくつかありますが、まずは、自社の決算書にこれらの勘定科目が計上されていないかをチェックしてください。もし、計上されている場合は、これらの勘定を減らす、もしくは増えないように取り組むことで、資金調達力は今よりも向上します。

簿記、会計の仕組みは単純ですが非常によくできていて、その時点での会社の実力や今までの積み重ね、歴史を表しています。

みなさんも決算書に少し興味をもって読み解いてみるとよいと思います。

結構面白いですよ(^^♪

投稿者:

bridge_master

大田区池上にて経営者の夢を実現する中小企業支援と家族の思いをつなげる相続支援を行っている税理士事務所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です